×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子育て バイリンガル

12のブレインから考える「バイリンガル」の上手な子育ての仕方2

■ストレスという大きな問題
“Stressed brains don’t learn the same way”
ストレスを感じている脳は、普段と同じようには学べない。

 

これは、私としては、最も大きいテーマだと感じています。
特に日本の現代社会において、「ストレス」というのは、
非常に大きいイシューとなっています。

 

ストレスは、一種の防御装置であり、
これを慢性的に感じうるような環境は、
はっきり言って環境としては、最悪だと言えるでしょう。

 

iTunes Universityのブレインルールのビデオには、
職場での上司からの圧力が、パフォーマンスを落とすという例が挙げられていました。

 

このような例は、身近にもたくさんあるのではないでしょうか。

 

ストレスとの向き合い方
ストレスとの正しい向き合い方は、
非常に難しいと言えるでしょう。

 

何故なら、ストレスは、なさすぎても、ありすぎても
いけないからです。

 

過度のストレスは、子供を萎縮させることになるし、
あまりにもストレスがなさすぎると、無力感に襲われることになります。

 

あなたの身の回りでも、むかつく上司や、
意地悪な同僚がいませんか?
もちろん子育ても、ストレスになりうるでしょう。

 

慢性低なストレスは、子供だけでなく、
あなたの余裕もなくします。

 

あなたにとっても、子供にとっても適切なストレスとの付き合い方

 

トップページで述べたように、
「バイリンガルの子育て」には、大変な時間がかかります。
そして、大変なストレスがかかります。

 

ですので、あなた自身も
しっかりとストレスとの付き合い方を考えなければなりません。